アトピーの背景

『VOL-3◆アトピー蔓延の背景』【アトピー克服ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

昔(40年前)はなかったアトピー性皮膚炎。 なぜ、いまこれほど蔓延しているのか? 空気が汚染された? 水が塩素漬け? 食の変化?
アトピーの背景

VOL-2『アトピー性皮膚炎の現状』【アトピー克服ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

いま日本では、生まれた赤ちゃんの4分の1が、生後すぐにアトピーを発症しています。 ピカピカ笑顔の可愛い赤ちゃんを予想し、期待していた我が子が、 数週間後から、なんだか湿疹が多くなったと思ったら、耳が切れ、顔を掻き始めて一気に体全体へ広がっていく……。
アトピー

『初めに』【アトピー克服ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

【アトピー克服ノーベル賞レベルメソッドの伝授】と題して、2016年より会報や他のアトピーサイトコラムなどに投稿してきました。最近は、すべての理論は書き尽くして、最近発せられるアトピー関連プレスへの批評のみとなってきたので、再度メソッド投稿をすることにしました。お子様の克服のための参考となれば幸いです。
アトピーの原因

令和5年5月 東京面談開始します

東京面談開始します 日時 令和5年5月27日(土) 場所 品川プリンスホテル  面談費用 10800円
アトピー

アトポス便り No.88号

アトピー情報は相変わらず、新薬治験有効の発表やステロイド剤の誤解コラムが飛び回っており、主要検索エンジンもステロイド剤・新薬以外のサイトはバンされています。民間療法の経営者は本当に大変だと思うこの頃です。ただ、先日の大阪地区のリリースで、『なぜ、改善するの?~アリス薬局独自の体質改善メソッド~』とあったので、早速内容を確認した。
アトピー

アトポス便り No.89号

アトポス便り アトポス月1回のコラム
アトピーの背景

アトポス便り No.84号

新緑が目に優しく、過ごしやすい季節となりました。一部地域では、5月に猛暑となる35度超えまでとなり、夏の暑さ不安がよぎることも発生し、567感染は相変わらず多くとも重症者報道が少なくなったお陰で、町の賑わいも少しは戻り経済も少しづつ上向きになっているのではと感じるこの頃です。
アトピー

生後まもなくの乳児の克服法

0歳から発症した場合の克服法 0歳から発症した場合の克服法 秋冬に生まれたお子さんの場合は、 季節的な乾燥性湿疹であることも ありますが春夏に生後3ヶ月以内で 発症した場合は産前産後処置による 免疫過剰が原因の アトピー性...
プレス批評

アトピー性皮膚炎治療薬また承認

我々がコロナ問題に目を奪われている間に、アトピー性皮膚炎関連の対応薬が次々と承認されている。 今回もJAK阻害薬(ヤヌスキナーゼ)であるが、いくら免疫を操作しても、本当の発症要因への対応なしには、もう苦しめられることのない再発無しの改善とはいかないことは、これまでの同様承認薬で理解できていると思うが、アトピー大国日本での商売ができない限り開発の意味がないことになる。
アトピーの背景

フィラグリン機能低下によるアトピー原因理論は撤回

昔、このフィラグリン理論が出たとき、鬼の首取ったようにコメントしていたO皮膚科医を思い出すね。この撤回にもしっかりコメントしてね。 フィラグリン量差を確認してアトピー判断?、、、何故フィラグリンが少なくなるのかが問題であり、末端ばかり見てはその処置方法を間違いますよ・・・と昔コメントしたよね。
タイトルとURLをコピーしました