アトピー性皮膚炎

アトピー批評

【アトピー批評】アトピー性皮膚炎のかゆみ物質を抑制する化合物、開発成功

「新たな治療法に期待」というプレスは何百回見たことだろう。 アトピーの方々は、これらの情報を期待して数十年、あっという間に成人し、苦しい社会環境に立たされてきたけど、その加害者は、多くの薬を体内に接種させ厳しい副作用を負わせてきた製薬会社と低能な皮膚科医・小児科医・官僚である。
アトピーの背景

皮膚科医の理論とコメントは薄っぺらいね

アトピー性皮膚炎の研究・サポートを26年続けていると、アトピーに関する多くの情報を目にすることになる。 その中で、目立ちたがり屋の皮膚科医の理論・コメントは薄っぺらい。
アトピーの原因

アトピー医療は崩壊した~さらに被害者急増~

日本皮膚科学会の元理事だった皮膚科医が、 『ウチの大学では10年の継続治療はざらで自分が赴任した25年前から通い続けている患者もいるよ』っと自慢げに言い放っています。 『まずは最強のステロイド剤で安定させて、それからが本当の治療となります』って、良くなれば自分の功績、悪くなれば放り出し患者責任とするコラムを書き込んでいる。
アトピー批評

【皮膚科医ブログ批評】無知な皮膚科医の呆れるコメント~アトピーは何故治らないと諦めてしまうのか~

このコラムを書くにあたり多くの方々から、『やり過ぎ』って言われますが、違うことは違う、医者の性格の出た『自分が一番』という逆上せを批判してやらないと、多くの方々が道を間違え、今回のような視点の違う書き込みとなり、馬鹿な理論が常識となれば日本が崩壊することにつながると思い、小さな書き込みを気が付いたら批評するようにしていますので、読み辛いことが多いと思います
アトピー批評

アトピーのゴール(皮膚科医の考え方)

当方でのサポートゴール(卒業)とは、『完全克服』。しかし、皮膚科医においては、7つの段階があるらしい。その段階の先には、本当に完全克服のゴールがあるのか、患者さんの誰もが不安に思うゴールである。 そして、突っ込まれると直ぐに逃げてしまう。『そんなに僕を不安に思うのであれば違うところで診てもらいなさい、、、どうせ、一生のお付き合いですよ』などと捨て台詞まで吐くという。
アトピーの原因

【アトピー相談に対する回答A&B】

皮膚科医の診療目的は?ステロイド剤を処方すること?って勘違いしているようです。 大学病院に診察に来られた方への返答、過去に行っていた相談活動自慢を見て、本当にこの先生大丈夫?と思ったこと、この程度のアトピー理論で大変な思いをしている患者さんの診察し、ただただステロイド剤処方する有名な大先生のコメント批評などしてみよう。あ、一応上から目線で。
アトピーの背景

【皮膚科医小児科医の呆れたコメント】 ~アトピーのこと本当に知らないんだと思う~

患者は、本当にこの治療で我が子(自分が)を救えるのかが大事なので、今、回答が欲しいのに、誤魔化すだけなんだね。知らないなら知らないって言って、アトピー治療はできませんと張り紙しなさい。来ないから!ってなるよね。
アトピーの原因

日本のアトピー性皮膚炎は3年でゼロとなる理論(国・医師会が推薦実践すれば)VOL ②

 ①アトピーの子供が生まれないようにする。 ②アトピーの子供が例え生まれてもアトポス理論であれば2歳までに完全克服する ③いま尚苦しんでいる方々を3年以内に克服する。 この①~③を国と医療が実践すれば長くても3年以内にゼロ、もしくは普通の生活に全く支障なく見た目も普通と変わらなくなるのです。
ステロイド剤

【皮膚科医の戯言】ステロイド外用薬を考える

今回は、相も変わらず『ステロイド剤外用薬を考える』と題して、ステロイド剤の僅かなメリットとされる内容で、メカニズムもなく使用方法に徹した読む価値なしのコラムだが、ここでは『日本の皮膚科学会の無知さを露呈している』内容なので、じっくりお読みください。こんな処置なら小学生でもできる・・・と思うでしょう
アトピー

【腸内細菌シリーズ⑧】腸内細菌1200万個の遺伝子

腸内細菌1200万個の遺伝子ご存じでしたか? 人間の遺伝子は23,000個。 マウスの遺伝子26,000個、ミジンコの遺伝子31,000個、小麦の遺伝子26,000個で、人間の遺伝子より多いのです。
タイトルとURLをコピーしました