アトピー性皮膚炎

腸内細菌

【腸内細菌ちょこっと話⑤】辨野先生のお話

約30年前、理研の光岡研究室に入った辨野室長は、「青春時代、腸内細菌とともに過ごしました」と語る。「細菌の種類によって繁殖条件が異なります。寒天培地を試行錯誤して作り、細菌を1つ1つ数えて種類と数を記録する“職人芸の世界”です。とても根気と体力が必要で、しかも試料のふん便や培地は臭く、細菌感染の危険性もある。誰もやりたがらない研究テーマです。
Q&A

【Q&A】生後4か月

2万人を超える皮膚科医小児科医がいるのに、アトピーは増え続ける現実。もし、皮膚科医・小児科医がアトピー治療をしなかったら?・・おそらく今の10分の1の患者数となっていたでしょう。彼らはアトピーの原因も解決策も知らないというより、より厳しい環境に追い込む治療を行っている。・・・現実です。
アトピー批評

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【29】『アトピー患者さんへのワンポイントアドバイス』

ここに今回のテーマは、『アトピー患者さんへのワンポイントアドバイス』を批評してみよう。皮膚科医としてアトピー原因や克服理論の研究実践ではなく、ステロイド剤を批判する治療法に対しての撲滅に一生をささげた先生です。 よって、アトピーのことを全く理解していない先生の言葉となります、これが国立大学の元皮膚科医教授のレベルです、しっかりご覧ください。
アトピーの背景

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【27】『アトピービジネスはいかに衰退したか』

あなた方が治せないから、信頼がないからみんな民間療法に流れるのですよ。何の質問をしてもまともな答えが返ってきたことがないという評判ですよ。このまま標準治療というステロイド剤両方を続けると体を壊されるという不安で逃げるんですよ。ま、あなた方は痛くも痒くもないのでしょうが、患者さんは大問題なのです。
アトピーの背景

アトピーの本当の改善(克服)をさせたことのない無知な小児科医の新薬への能書き

【赤嶺コメント】 みなさん、この薬でアトピー解決できると思いますか?これまでも「ステロイド剤」、「プロトピック軟膏」がダメで、昨年販売開始となった「ディピクセント」、そして今年「コレクチム軟膏」が発売となり、少しづつ使用報告もSNSなどにされています。
アトピー批評

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【25】『アトピー性皮膚炎を治らないと諦めているのはなぜか?』

【赤嶺コメント】 先生、7割以上って、、、、。それはね、先生の治療方針では解決できないと判断して、民間療法に移ったか、脱ステ医師のところへ行ったか、自分で解決方法を見つけたかですよ。7割以上って、、、だったら、アトピーの問題など発生しませんよ。
アトピー批評

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【22】『ステロイド恐怖症患者を巡る忘れられない一言』

アトピー患者はね、皮膚科医や小児科医を恨んでいるということを根底に、診察しなければ対応できませんよ。家族も恨んではいるけど、家族も医者の言う通りにすれば良くなると思っていたから進めたけど、結果的には、厳しい思春期を過ごし、恋愛も自由にできず、結婚も遅れ、この原因はアトピーだと思っている方が少なくはないのです。
アトピー批評

【プレス批評】アトピー性皮膚炎の乳児の栄養指導でタンパク質補給に“粉豆腐”活用

佐藤先生は、脱ステ医師軍団TOP夫人であるが、治験者8人のスタート詳細は判らないし、期間も判らない、改善傾向度合いも判らないので何とも言えないが、ステロイド剤を外して、ある処置を行えばだれでも解決方向へ向かうことは確かである。
アトピー批評

ある中学生の悲鳴 ~何で私だけこんな肌に~

もうこんな自分の体と向き合って行ける気がしません。本当に辛いです。 時には死にたいなんてことも思ったことあります。 アトピーは体だけでなく精神にもくるから、身体ともにボロボロです。
アトピー

またもステロイド剤・保湿剤被害拡大要因の書籍が発刊 ~幼稚な理論は漫画でお知らせします~

僕は25年のアトピーサポート経験で必要ないと思う、絶対不要!と思う。 先般も登場した堀◎健太医師の著書である。京大の大◎氏と一緒にオンデマンドに登場する小児科医である。アトピーは遺伝ではないけど、アトピーは妊娠中の食事ではないけど、では、何なの?と結論の出ない著書である。
タイトルとURLをコピーしました