アトピー批評

アトピーの背景

【プレス批評】小児アトピー性皮膚炎の治療が大きく変わった! ~新薬の注射薬が登場~

今回は、生後6か月以上のアトピー児にも承認が下りた新薬のことです。注射薬だけど、外部から直接体内へ侵入させる方法・・・単純に大丈夫かなぁ?って思う
アトピー

『VOL-6◆漢方治療の実態』【ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

中国4000年の歴史から生まれた漢方薬。 自然素材から作られていて、漢方の専門店や専門医も昔からいるし、安心かつ効果が出そう……。 これまでステロイド剤治療だけは絶対に避けたいと思う方々でも、不思議と漢方薬には好意的なものです。
アトピーの背景

『VOL-5◆ステロイド批判する医師・研究者たちの実態』【ノーベル賞レベルメソッドの伝授】 

実は2000年頃より、医師や研究者たちの中には、異論を唱える方々は僅かに存在していたのです。 では時系列でお話していきましょう。
アトピー

『初めに』【アトピー克服ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

【アトピー克服ノーベル賞レベルメソッドの伝授】と題して、2016年より会報や他のアトピーサイトコラムなどに投稿してきました。最近は、すべての理論は書き尽くして、最近発せられるアトピー関連プレスへの批評のみとなってきたので、再度メソッド投稿をすることにしました。お子様の克服のための参考となれば幸いです。
プレス批評

アトピー性皮膚炎治療薬また承認

我々がコロナ問題に目を奪われている間に、アトピー性皮膚炎関連の対応薬が次々と承認されている。 今回もJAK阻害薬(ヤヌスキナーゼ)であるが、いくら免疫を操作しても、本当の発症要因への対応なしには、もう苦しめられることのない再発無しの改善とはいかないことは、これまでの同様承認薬で理解できていると思うが、アトピー大国日本での商売ができない限り開発の意味がないことになる。
アトピーの背景

フィラグリン機能低下によるアトピー原因理論は撤回

昔、このフィラグリン理論が出たとき、鬼の首取ったようにコメントしていたO皮膚科医を思い出すね。この撤回にもしっかりコメントしてね。 フィラグリン量差を確認してアトピー判断?、、、何故フィラグリンが少なくなるのかが問題であり、末端ばかり見てはその処置方法を間違いますよ・・・と昔コメントしたよね。
アトピー批評

【アトピー批評】アトピー性皮膚炎のかゆみ物質を抑制する化合物、開発成功

「新たな治療法に期待」というプレスは何百回見たことだろう。 アトピーの方々は、これらの情報を期待して数十年、あっという間に成人し、苦しい社会環境に立たされてきたけど、その加害者は、多くの薬を体内に接種させ厳しい副作用を負わせてきた製薬会社と低能な皮膚科医・小児科医・官僚である。
アトピーの背景

皮膚科医の理論とコメントは薄っぺらいね

アトピー性皮膚炎の研究・サポートを26年続けていると、アトピーに関する多くの情報を目にすることになる。 その中で、目立ちたがり屋の皮膚科医の理論・コメントは薄っぺらい。
アトピー批評

「#SNS医療のカタチ」の皮膚科医・小児科医の実力は?目的とは?

#SNS医療のカタチが出現して2年経過するだろうか。医療をテーマとして一般人とコミュニケーションの場をネットで設け、一見すれば判り易い医療を告知するという社会貢献的な目的で行動を始めたと思われる。 だが、彼らの第一の行動は、民間的な療法を一網打尽にするというネットからの凍結を目的に活動し、SNSでの民間療法への攻撃は、サブアカウントの匿名で昔のやくざ屋さんを彷彿とさせる言葉でなじり、厚労省薬機関連へ逐一報告する末端医師の行動だった。得意のコメントは『そのエビデンスを示せ』という決まり文句だった。
アトピー批評

アトピーの本当の改善(克服)をさせたことのない無知な小児科医の新薬への能書き

炎症が行き過ぎた場合、様々な問題が起こってくることになりますが、その城内の兵は情報伝達物質を使って連絡をとりあっています。その情報伝達物質の一つがインターロイキン31(IL31)で、特に『かゆみ』の情報を伝えます。そのIL31を抑えて『行き過ぎた戦い』を収める薬がネモリズマブです。
タイトルとURLをコピーしました