アトピー

アトピー批評

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【20】『記憶に残るアトピービジネス』

一番インパクトが強かったのは、「桃源」というネット販売していた中国製のクリームでしょうか?ステロイドは含有されていないとホームページに謳ってありましたが、実際分析すると最強ランクのステロイドが含有されていました
アトピー批評

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【18】『アトピーと付き合う上で大切なこと』

アトピー性皮膚炎にかゆみはつきものですが。掻きむしったことで自分を、あるいは家族が患者さんを責めることがよくあります。かゆみをともなう病気で治療がうまくいかなければ、掻いてしまうのは当然なので、かゆみを最小限にできるような自己管理をめざせばいいと思います。
アトピー批評

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【17】『これまでのアトピー診療で嬉しかったこと』

これまでのアトピー診療で嬉しかったこと 数多くの患者さんが10年以上、長い患者さんでは25年ちょうど通院してくれたことですかね。その間、完全治癒には至らなかっということですが、QOLを損なわない日常を維持して最後まで通院してくれたことですかね
アトピー

【腸内細菌シリーズ】② 『腸の健康がメンタルヘルスに影響』

腸内細菌によってあなたの実生活が左右される可能性が確認される 腸内環境の重要性が認識され、ここ数年いかにその環境を良くする事が健康管理において重要視されるようになって来ていますが、最近の研究で腸内細菌の多様性が実生活において影響を与える可能性があることがわかりました。
アトピーの背景

【腸内細菌シリーズ】①『ウイルスに負けない体のつくり方』

当方のアトピー克服理論においても基本となる腸内環境整備。この整備によって免疫も自律系も安定し、克服に直接関与する肝腎機能においても腸管で産生される物質によって機能活性されます。
アトピー批評

T教授への最終批評~皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【16】『初診のアトピー患者さんでチェックすること』~

まず、私の方から「初めまして、竹原といいます。」と自己紹介します。普通は「こちらこそ、よろしくお願いします。」とか「知人から、先生を勧められました。」とかという反応が返ってきます。
アトピー

理論のないエビデンスを信じる幼稚な医者たち~被害者が増えるわけだ~

昼も夜もつらそうに体をかきむしる。子どものアトピー性皮膚炎は、親御さんにとってもつらい病気です。それでもケアをしていれば自然に治るのならいいのですが、実際のところはどうなのでしょうか。気になるところを専門医がエビデンスとともにお答えします。
プレス批評

さぁ始まった、新薬『コレクチム』の販売活動

またも『コレクチム』ネタです。 タクロリムス=プロトピック軟膏販売の時もそうだったが、「ステロイド剤に副作用はありません」と強調して販売を続けていたが、手のひらを返したように 『このプロトピック軟膏はステロイド剤のような副作用はありません、安全です』と、ステロイド剤悪の方式で切り返させた。しかし、思うような結果にならないプロトピック軟膏だったので、今度は 「無知な医者が処方するから副作用が出る。専門家が処方すれば副作用はない」と
アトピー克服

新薬『コレクチム』発売開始日決定

【赤嶺コメント】 ステロイド剤の問題を回避するためにも、良いタイミングで代替え薬が発売される。今回は、日本の会社だからメーカーも医師会も力を入れるだろう。すでに、巷では変化させる動きも出てきている。
アトピー批評

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【14】『アトピーとは奇妙なという意味である』

アトピー性皮膚炎患者さんが間違っているという意味ではありませんが、考え方や行動パターンが少し違うかなと思うことも少なくありません。まずは、標準治療を丁寧に実践することをしないで、「治った人がいる」(治らなかった患者も大勢いるかもしれない)治療に飛びついてしまうことが少なくないように思います。
タイトルとURLをコピーしました