wpmaster

プレス批評

【プレス批評】アトピー性皮膚炎でステロイドを25年

副作用で地獄を見た女性 今回は、ニュージーランドの女性。5歳から25年間ステロイド剤を使用したことでの現在の人生観を綴っています。いじめ、白内障等々、厳しい状況からの離脱復活されたお話が、プレスされていましたので・・・・。皮膚科医Tさんは、25年を超えてもなをステロイド剤を処方します、恐ろしい方です。責任持てるのかなぁ。
アトピー批評

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【25】『アトピー性皮膚炎を治らないと諦めているのはなぜか?』

【赤嶺コメント】 先生、7割以上って、、、、。それはね、先生の治療方針では解決できないと判断して、民間療法に移ったか、脱ステ医師のところへ行ったか、自分で解決方法を見つけたかですよ。7割以上って、、、だったら、アトピーの問題など発生しませんよ。
プレス批評

【プレス批評】アトピー抑える薬候補、治験ほぼ終了~京大とマルホ~

 今朝の『特ダネ』を偶然見ていたら、京大の椛島教授という若者が登場していた。また、インターロイキン操作である。 痒みの原因を理解していない研究者が、いくら中間で発生するシステムを操作しても、本当の解決には到らない。もっと前に発生する痒みの根源解決をしない限り本当の解決には到らないと思うけど、これだけ多くの研究者や臨床医が居て判らないのだろうか、不思議で仕方ない。
アトピー批評

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【24】『初診時に気を付けたいこと』

私の診察を希望される場合は、最低限、予約を取って、私の外来日に合わせて受診して欲しいです。昨今は、普通の病院は、初診の予約の取り方とか外来医師出番表とかがホームページに記載されているので、よく下調べしてから受診して欲しいです。
Q&A

【Q&A】2カ月半の女の子のご相談

生後間もなくの可愛いはずの赤ちゃんが、痒みや炎症に苦しむ姿を見るにあたり、両親として辛いことと手にとるように判ります。多くの子供さんたちを出来るだけ正常な精神状態で大人にするということを基本に当方は活動しており、子供のことだけは間違いない進行をと心がけています。
アトピー批評

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【23】『アトピービジネス代表的手口』

ここに今回のテーマ『アトピービジネス代表的手口』を批評してみよう。代表的な手口とは、下品な感性をお持ちですね。私から言わせると、理論もない克服例も少ない、やればやるほど患者の体と心を蝕んでゆく標準治療、特に◎原療法ほど悪質な代表的な手口を思うけど・・・・
プレス批評

「無菌であることがからだに良いわけではない」と腸内細菌の研究者~コロナ禍で敵視~

「無菌であることが体に良いわけではないのです。近年、急増しているアトピーや花粉症などのアレルギー疾患も、菌たちを遠ざけてきた私たちの生き方によって免疫の過剰反応を引き起されたと考えられます。今後は菌たちを遠ざけるのではなく、賢くつきあっていく知恵が必要でしょう」
アトピー批評

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【22】『ステロイド恐怖症患者を巡る忘れられない一言』

アトピー患者はね、皮膚科医や小児科医を恨んでいるということを根底に、診察しなければ対応できませんよ。家族も恨んではいるけど、家族も医者の言う通りにすれば良くなると思っていたから進めたけど、結果的には、厳しい思春期を過ごし、恋愛も自由にできず、結婚も遅れ、この原因はアトピーだと思っている方が少なくはないのです。
アトピー批評

皮膚科医Tさんの挑戦を斬る~25年のアトピー治療経験は、他者批判とステロイド~

今月初めに文芸春情に皮膚科医Tさんの業界初『アトピー訪問診療』について掲載されたので、少し批評してみよう。ま、これまですでに20回ほどのブログ批評はしている。まずお読みください。
アトピー批評

海水浴場3割が開設せず ~今夏の改善報告は少なくなる?~

当方のサポート仕上げは、海水浴シーズンの夏となる。夏信号による体内ステロイドホルモン値上昇に伴い、抗炎症抗ストレス作用が同時に強化し改善パターンとなることで、基礎整備の出来上がった方々の卒業時期をこの夏にしている。 海水浴もその条件の一つとしている。
タイトルとURLをコピーしました