wpmaster

アトピーは3年以内でゼロとなる

日本のアトピーが3年以内でゼロとなる理論(国・医師会が推薦実践すれば)VOL ①

  国・医師会がこの療法を推薦実践すれば、この日本から3年以内にアトピー性皮膚炎(乳児湿疹)はゼロとなる!と、アトピーで悩む皆様には眉唾物と思われるでしょうね、事実そうなるのです。
アトピーの原因

【5組限定】東京面談・セミナー 1月20日(土)

   日時 令和6年1月20日(土)       13時~18時(1時間/組)   場所 東京都港区高輪4-10-30        品川プリンスホテル   
アトピー完全克服

VOL-31◆『完全克服理論のまとめ』【アトピー克服ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

30年の研究と克服者輩出日本一とする実績は、真実を物語ります。 これまでの理論・処置方法のほかにも、いろいろと処置項目などありますが、HPやFACEBOOKやブログなどでも少し書き込みはしていますのでご覧ください。
海の微生物の偉大な力

vol-30◆『夏の治療は「海」が一番です!』【アトピー克服ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

夏はアトピー改善の最高のチャンス時期となります。季節による自然回復時期と重ねて海の力を利用しましょう。
アトピー児は3回風邪引けば改善する

VOL29◆『風邪を引こう』【ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

子供は3回風邪をひくと改善します!1歳前後の子供は風邪をひいて自然回復させると(3~5日で熱は下がります)体内の風邪抗体が多くなり、アレルギー抗体がどんどんと少なくなって内面的な免疫過剰は低下することになります。
アトピーの原因

VOL-28◆『砂糖の大量摂取は厳禁』 【ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

砂糖は「ブドウ糖」で腸管をすり抜けてしまい、血中へと侵入して血糖値上昇させます。血中の血統安定のために膵臓から「インシュリン」(ホルモン)を分泌して血糖安定させるのです。 砂糖摂取を大量に繰り返すと、インシュリンが激減して、どこかから補給しなければならないが、それを「ステロイドホルモン」から補ってくるのです。
プラス思考へと変化

VOL-27◆『胸を張ろう!』 【ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

胸張っている人に ◆アトピーや免疫低下の癌患者はいない。  ◆胸張ればマイナス思考にはならない ◆胸張れば溜め息が出ない ◆胸張れば元気な顔になる ◆胸張れば身長ー体重が一定になる ◆胸張れば他人の長所が良く見える ◆胸張れば・・・・とにかく元気になる!
ひじっこ

VOL-26◆『ミトンやひじっこについて』【ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

赤ちゃんの掻痒行為をそばで見ている母親としては、正視することが出来ず、「掻き崩し防止」や「アトピー・掻き崩し」などで検索し、ミトンやひじっこにたどり着きます。
アトピー

VOL-25◆『季節信号を受け取ろう』【ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

人間の体は、温度変化を緩和させるために、季節に応じて体内の生理物質を変化させて代謝率を操作し、すぐに対応できるよう準備しているのです。特に夏前の春と、冬前の秋は、この準備が活発になります。これは人間以外の動物も植物も同様となります。
アトピー克服

VOL24◆『お子様の主治医はお母さん』【ノーベル賞レベルメソッドの伝授】

みなさん、こんにちは。 アトピー完全克服理論「ノーベル賞レベルメソッド」開発者の 赤嶺 福海です。 前回は、アトピーを克服するために重要な3つの処置についてお話いたしました。 しかし、人間には心があり、この地球上には季節がありますから、これらの仕組みを理解することもまた大切です。 ここを意識することで、より確実に、再発なしの体になることができます。 そこで本日より、 人間の心や季節の変化がどのように体へ影響しているかについてお話していきます。 その中でも今回お話する内容は、特に乳児アトピー克服には最も肝となる内容ですので、ぜひ最後までお読みください。 VOL-24◆『お子様の主治医はお母さん』 ここまでの内容を読まれた皆様は、 生後間もなくのアトピーがどのようにして発生し、どんな処置をすれば改善に向かうかをもう十分にご理解されていると思います。 しかし、 この仕組みを知るまでは、大半のご両親は生後間もなくの我が子に出た辛い症状に動揺し、処置に迷い、病院をハシゴしてはさらに戸惑うことでしょう。 特に 妊娠中から我が子と一緒に過ごし、その後のお世話にも24時間かかわっていくお母さん方は、 「こんな症状が出たのは私のせい?」 「なにか余計なことしちゃった?」 などと、自責の念にかられることも多いでしょう。 けれど、 頼みの綱であるはずの小児科医や皮膚科医からは、 「まだ小さいからわかりませんね。とりあえず保湿して清潔に。それでもダメならステロイド剤を処方しますからそれで様子見てください」 などという、実に曖昧で無責任な対応をされる場合が殆どです。 当然、原因などを訊いても 「良くある事ですよ」 「アトピーだとしても治りますか」と訊いても、 「思春期になれば治ることもありますし、一生のお付き合いになる場合もあります」 さらにしつこく突っ込んだ質問をしようものなら、 「次の患者さん呼んで」 と追い返したり、 「素人に説明してもわかりますか?私の指示通りにできないなら別の病院へどうぞ」 などと意地悪な対応をする医師までいるのですから、お子様と最も密に過ごすことになるお母さんの不安は高まる一方です。 このように、専門医たちですら、お子様の皮膚症状の原因を実は全く理解していないのが我が国の現状ですから、 そんな無知な医師たちに診断処方を受けても、当然ながら解決方向には進まないのです。 だからこそ、 当メルマガをしっかりお読みいただき、今、お子様の体に何が起きているのか、どんなケアをすればいいのかを理解し、 まずはお母さん自身が、お子様の主治医になることが大切なのです。 しかし アトピーの原因や克服の仕方を理解しても、実際に克服の兆しを感じられるようになるまでは少し時間はかかります。 具体的に言いますと、 腸管整備が完了し、異物の侵入路がなくなるまでの約半年の辛抱が必要です。 そして1平方センチ円の皮膚改善には、皮膚常在菌の棲息スピードから 約1ヶ月が必要となります。 すぐに良くしたいご両親としては、長くじれったい期間となりますが、ここは将来のお子様のために耐えることが必要です。 その間、 親族などの集まりやママ友の集まり、保育園の集まりなどで、 心無い言葉や視線、名医の紹介など、親として戸惑ったり辛いこともあると思いますが、理論会得がしっかり出来ていて、改善期間が把握できていれば、 必ず乗り切れます。 特に義理の両親の言葉は厳しいものとなることが多いですが、 ご家族で一致団結して対応していきましょう。 また、 保育園・幼稚園への対応は、ご自身で説明し熱意で了解して頂きましょう。 もし、厳しい場合は、 当方の現況報告・サポート依頼書(病院の診断書みたいなもの)を当方より直接送付することも多く行っておりますのでご相談ください。 特に共に育児をしていくパートナーであるご主人とは理論共有し、克服を目指して手を取り合い頑張らなければ、この難局は乗り切れません。 アトピーのお子様のケアを24時間していくご両親も辛いですが、大人でも我慢できない痒みに悩まされるお子様は、さらに大変なのです。 お子様は、妊娠から10ヶ月間生命をお母さんと共有し、お母さんの思いや声を常に確認して生きています。 お母さんが悲しければ自分も悲しく、お母さんが楽しければ自分も楽しく笑顔が出るのです。 だからこそ、 まずはお母さんが克服理論を会得することによって気持ちが固まれば、お子様も安心できるのです。 お子様は常にお母さんの体から発する波を受けて、1歳過ぎまでは生きていきます。 命の源『母乳』を 摂取しなければ生きていけないことを本能で理解しているからです。 よって、 ぜひお母さんはお子様をたくさん抱っこし、 「大丈夫。大丈夫。来年の夏には改善するよ、一緒に頑張ろうね」 と、本心で伝え続けてください。 お母さんの安心はお子様の安心なのです。それだけでもお子様の症状は大きく前進します。 腸管粘膜整備に約半年間、ここが整備できれば第一異物侵入路は無くなり、あとの侵入路皮膚処置は怪我の処置と一緒ということになるのです。 中には、肝腎機能低下により、時間が長くなるお子様もいますが、最初の半年が厳しい峠となり、そこから徐々に改善方向へと進むことでしょう。 当方理論を知らない方々の多くは、少しでも早くこの苦しい思いを回避したいと薬に頼りますが、結果的には長い道のりとなります。 急がば回れではありませんが、源解決が一番の早道となるのです。 そこを乗り越えていく際のお母さんの抱っこと心からの笑顔は、世の中のどんな妙薬より効果のある行為と当方は確認しています。 そのためには、 お父さんであるご主人の力も大切です。手を取り合い、尊重し合いながら頑張っているご夫婦のお子さんはほぼ100%早期克服できるのだから、 不思議です。 家族の心は、繋がっているのですね。 心と体の深い繋がりについてのお話は以上です。 次回は、『自然環境と体の繋がり』についてお話していきます。 アトポスSP アトピー訪問相談 電話相談(毎週水曜日)・有料面談  無料相談メール  【生後間もなく~7ヶ月までのお子様の無料相談フォーム】 【生後8ヶ月以上のお子様の無料相談フォーム】]
タイトルとURLをコピーしました